メールサーバーのシステム構築・設定、sendmailからqmailへの移行等メールサーバーに関するあらゆるご相談をお受けしております
メールサーバー専門フューチャーワークストップ
フューチャーワークストップ メールサーバーシステム構築 ウィルススパム対策 よくあるご質問 お問い合わせ 実績 会社概要
 

qmailで快適・安全メールサーバー

>qmailに関してよくあるご相談

【qmailの導入に関する納期例】
VPOPMAIL(qmail)の
インストール:

 Linux:Fedora Core1
 qmail
 vpopmail
 qmailadmin(autoresponder,ezmlm)
 sqwebmail
 期間:1日
VPOPMAIL(qmail)の
インストール:

 Linux:Fedora Core1
 qmail
 vpopmail
 qmailadmin(autoresponder,ezmlm)
 sqwebmail
 smtp,pop3,imap,smtps,pop3s,imaps
 期間:4日
qmailのsimpleなインストール:
 Linux:RedHat 9
 qmail(tls)
 期間:1日







メールサーバーに関するシステム設定・構築

    1.基本的なqmailの構築方法
    2.vpopmailのインストール方法
    をご説明します。

1.基本的なqmailのインストール方法

こんな感じでキータイプすれば、インストールできます。

まず rootユーザーになります。

ディレクトリーを作成します。

# mkdir /var/qmail

qmailの各プロセスのユーザーを作成します。
# groupadd nofiles
# useradd -g nofiles -d /var/qmail/alias -s /bin/false alias
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /bin/false qmaild
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /bin/false qmaill
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /bin/false qmailp
# groupadd qmail
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /bin/false qmailq
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /bin/false qmailr
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /bin/false qmails

qmail本体を解凍します
# gzip -d qmail-1.03.tar.gz
# tar xvf qmail-1.03.tar
# cd qmail-1.03/

patchを適用
日付のパッチ
# patch <../qmail-date-localtime.patch

glibcのバージョンの違いを吸収するパッチ
# patch < ./ucspi-tcp-glibc.patch

コンパイル・インストールします
# make setup check
# ./config


コントロールファイルを設定します(ドメインが、example.jpのとき)
# ./config-fast example.jp

注) このとき、vipwコマンドで、qmaildのUID(ユーザーID)とGID(グループID)を記録します。 tcpserverで、qmail-smtpdの実行に必要です。

例)
qmaild:x:502:501::/var/qmail:/bin/false
なら、
UID:502
GID:501

■コントロールファイルの設定
-----------------------
/var/qmail/controlのディレクトリーの以下のファイルで設定します。

サーバーのFQDNがhost.example.jpなら、
./config-fast host.example.jp
で自動的に設定できます

defaultdomain
toヘッダなどにドメイン名が省略された場合、補完されるドメイン名
例)example.jp

locals
ローカルメールアドレス(qmailが受信すべきホスト名/ドメイン名)とみなすメールアドレスを指定する
例)host.example.jp

me
自サーバのFQDN
例)host.example.jp

rcpthosts
メールを受け取るドメイン(qmailがメールの転送を許可するホスト)を記述する
RELAYCLIENTの環境変数が設定されていると(/etc/tcp.smtp等)このファイルの設定が無効になる
例)
example.jp
host.example.jp

plusdomain
ドメイン部が+で終わっている場合に付加されるドメイン。「user@host+」なら「user@host.example.jp」と置換される(qmail-injectが利用)
例)example.jp
-----------------------

■最低限のエリアスを設定します
# cd /var/qmail/alias
# touch .qmail-postmaster .qmail-mailer-daemon .qmail-root
# chmod 644 .qmail*

■sendmailの停止とラッパーを設定します
# /etc/rc.d/init.d/sendmail stop
# mv /etc/rc.d/rc2.d/S80sendmail /etc/rc.d/rc2.d/_S80sendmail
# mv /etc/rc.d/rc3.d/S80sendmail /etc/rc.d/rc3.d/_S80sendmail
# mv /etc/rc.d/rc5.d/S80sendmail /etc/rc.d/rc5.d/_S80sendmail

■sendmailラッパーで置き換えます
# cd /usr/sbin
# mv sendmail sendmail.dist
# chmod 0 sendmail.dist
# ln -s /var/qmail/bin/sendmail /usr/sbin/sendmail

■起動スクリプトの設置します
# cp /var/qmail/boot/home /var/qmail/rc

Mailboxの場合
exec env - PATH="/var/qmail/bin:$PATH" \
qmail-start ./Mailbox splogger qmail

Maildirの場合
exec env - PATH="/var/qmail/bin:$PATH" \
qmail-start ./Maildir/ splogger qmail

手動で起動する場合は、
# /var/qmail/rc &
rc.local(LinuxのFedore Coreの場合)
/etc/rc.d/rc.localへ書いてサーバー起動時に自動的に起動する

■各ユーザーのアカウントで、Maildirの作成
各ユーザーでログインして、以下のコマンドを実行する
#/var/qmail/bin/maildirmake ~/Maildir

■tcpserverのインストールとcdbの作成
# tar xvf ucspi-tcp-0.88.tar
# cd ucspi-tcp-0.88/
# patch < ../ucspi-tcp-glibc.patch
# make setup check

■ローカル配送テスト
# echo to: root@host.example.jp | /var/qmail/bin/qmail-inject

■cdbファイルを作成 リレー中継の制御(cdbの基になるファイルを準備します。ここでは/etcディレクトリにtcp.smtpファイルとして作成します。)
# vi /etc/tcp.smtp
例)
192.168.0.:allow,RELAYCLIENT=""
127.:allow,RELAYCLIENT=""
RELAYCLIENTという環境変数を設定すると、rcpthostsの設定を無視する(中継が可能になる)

tcp.smtp.cdbを作成します
# /usr/local/bin/tcprules /etc/tcp.smtp.cdb /etc/tcp.smtp.tmp < /etc/tcp.smtp

■POP3を設定します
checkpassword-0.90.tar
$ tar xvf checkpassword-0.90.tar
$ cd checkpassword-0.90
# patch < ../ucspi-tcp-glibc.patch
$ make
# make setup check
rc.local中に以下のように設定します。UID,GIDは各システムに応じて設定します。(下の行はすべて一行です。)
/usr/local/bin/tcpserver -v -u UID -g GID-x /etc/tcp.smtp.cdb 0 smtp /var/qmail/bin/qmail-smtpd /bin/checkpassword /bin/true 2>&1 | /var/qmail/bin/splogger smtpd 3 &
 
/usr/local/bin/tcpserver 0 pop-3 /var/qmail/bin/qmail-popup <hostname> /bin/checkpassword /var/qmail/bin/qmail-pop3d Maildir &

2.次にvpopmailのインストール方法です。

同様に、こんな感じでキータイプすれば、インストールできます。

■vpopmailのインストール

# groupadd vchkpw
# useradd -g vchkpw -s /bin/bash vpopmail
# tar xvf vpopmail-5.4.3.tar
# cd vpopmail-5.4.3
# ./configure --enable-domainquotas=y
vpopmail 5.4.3
Current settings
---------------------------------------
vpopmail directory = /home/vpopmail
uid = 509
gid = 504
roaming users = OFF --disable-roaming-users (default)
password learning = OFF --disable-learn-passwords (default)
md5 passwords = ON --enable-md5-passwords (default)
file locking = ON --enable-file-locking (default)
vdelivermail fsync = OFF --disable-file-sync (default)
make seekable = ON --enable-make-seekable (default)
clear passwd = ON --enable-clear-passwd (default)
user dir hashing = ON --enable-users-big-dir (default)
address extensions = OFF --disable-qmail-ext (default)
ip alias = OFF --disable-ip-alias-domains (default)
domain quotas = ON --enable-domainquotas
auth module = cdb --enable-auth-module=cdb (default)
auth inc = -Icdb
auth lib =
system passwords = OFF --disable-passwd (default)
pop syslog = show only failed attempts
--enable-logging=e (default)
auth logging = ON --enable-auth-logging (default)
# make # make install-strip
■autorespondのインストール
# tar xvf autorespond-2.0.2.tar
# cd autorespond-2.0.2
# make
# make install
■ezmlmのインストール
# tar xvf ezmlm-0.53.tar
# tar xvf ezmlm-idx-0.40.tar
# mv ezmlm-idx-0.40/* ezmlm-0.53
# cd ezmlm-0.53
# patch < idx.patch
●ソースを変更
# vi error.h

#ifndef ERROR_H
#define ERROR_H

#include          ##←このように変更

extern int error_intr;
extern int error_nomem;
extern int error_noent;

# make
# make man
# cp ezmlmrc.jp ezmlmrc
# make setup
■qmailadminのインストール(DocumentRootが/var/www/html、ScriptAliasが/var/www/cgi-binのとき)
# ./configure --enable-cgibindir=/var/www/cgi-bin --enable-htmldir=/var/www/html --enable-domainquotas=y
qmailadmin 1.2.0
Current settings
---------------------------------------
cgi-bin dir = /var/www/cgi-bin
html dir = /var/www/html
image dir = /var/www/html/images/qmailadmin
image URL = /images/qmailadmin
template dir = /usr/local/share/qmailadmin
qmail dir = /var/qmail
vpopmail dir = /home/vpopmail
autorespond dir = /usr/local/bin
ezmlm dir = /usr/local/bin/ezmlm
ezmlm idx = yes
mysql for ezmlm = yes
help = no
modify quota = no
domain autofill = no
modify spam check = no
# make
# make install-strip
■sqwebmailのインストール
(DocumentRootが/var/www/html、ScriptAliasが/var/www/cgi-binのとき
# ./configure --enable-cgibindir=/var/www/cgi-bin --enable-imagedir=/var/www/html/images/sqwebmail --enable-imageurl=/images/sqwebmail --enable-mimecharset=iso-2022-jp
# make
# make install-strip
# make install-configure
●キャッシュファイルのクリーニングするためのcrontabの設定 /etc/cron.d/sqwebmail-cleancasheへ 58 * * * * bin /usr/local/share/sqwebmail/cleancache.pl を記述する

運用--------------------------------------
■新たにドメインを作成するには
/home/vpopmail/bin/vadddomainを使用して下さい。
例)example.jpというドメインを作成するには、 /home/vpopmail/bin/vadddomain example.jp

/home/vpopmail/binの下に、vpopmail関係のコマンドがあります。

お問い合わせ
※メールでのご相談は無料で承っております。